医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

彼女の伴侶犬、シエラの見せた突然の警戒体勢や恐れの仕草にもかかわらず、ステファニーが得た診断結果は、彼女にとっていまだ信じられないほど深刻なものでした。彼女は、今すぐにでも手術を受けなければならない状態だったのです。

Advertisements
Advertisements

病期3ステージの卵巣癌と診断されたステファニーは、専門医からの緊急手術と子宮全摘術を受けました。また同様に、彼女の脾臓も取り除く必要がありました。そして無事に手術が終了した彼女は、半年間に渡る化学療法を受けました。これら一連の処置は、ステファニーにとって恐ろしい期間でした米国協会 (ACS)によると、アメリカでは毎年4つの種類の癌だけが、卵巣腫瘍よりも多くの女性の命を奪っています。また、生殖器系に影響を与える最も一般的ながんの形態でもあります。

Advertisements
Advertisements