医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーの治療は、2014年4月に完了しました。幸いなことに、彼女は卵巣癌との闘いを生き延びることができたのです。そして、彼女の人生一大の腫瘍を発見したのは、彼女の大切なコンパニオンのおかげでした。

Advertisements
Advertisements

ステファニーは、命を救ってくれたシエラへの感謝の気持ちとして、故郷のカリフォルニアにあるディズニーランドへシエラを連れていきました。彼女は自分がまだ生きていることに心から感謝し、彼女に再度与えられた人生を生きるというチャンスを最大限に活用することに決めました。卵巣癌の患者が生存する可能性は、他の癌とほぼ同様に、早期診断と発見が鍵になります。ACSによると、すべての種類の卵巣癌の生存率はわずか47%とされています。

Advertisements
Advertisements