医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

この頭脳明晰な雌犬シエラは、彼女の愛する主人ステファニーを行き続けさせる事に成功し、これからも何度も救い続けることでしょう。犬は主人の身に何かが起きた時、自身になにか危険を感じたときと同じような反応をします。

Advertisements
Advertisements

シエラがステファニーの体に変化を感じ、彼女の近くから身を隠すという奇妙な行動を取り始めた時、ステファニーはこの状況がずっと繰り返されるのではないか、自分が何かおかしなことをしたのだろうか、と一瞬恐れました。しかし、これらの懸念により予想外の真実が発覚することになりました彼女は一度目の診断時とは違った癌に侵されていると診断されたのです。その段階で、癌は彼女の肝臓にまで広がっていました。その結果、彼女は完全子宮摘出術を受けることになりました。

Advertisements
Advertisements