医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは再度難病と戦い、その早期発見が幸いし、なんとか完治に成功しました。 しかし、それから1年が過ぎた2016年、シエラはまた奇妙な振る舞いを始めました。彼女は、再びステファニーを救おうとしているのでしょうか?

Advertisements
Advertisements
これを受けてステファニーは、再度専門医の元を訪ね、そして実際に癌の再発が発覚しましたが、今回は骨盤内にありました。そして、ステファニーはもう恐れることなく、3度目となる癌との闘病に挑みました。「シエラは、最初私の胃の部分に異常を感じ、癌の匂いを突き止めましたが、今回は骨盤の臭いを嗅ぎつけたのです。今回はより精密な検査が必要となり、別のCTスキャンの結果まで3〜4か月ほど待つ必要がありました。」 と、ステファニーは後に語っています。シエラは、まぎれもなく非常に優れた賢い犬だったのです!
Advertisements
Advertisements