医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

再び奇妙な振る舞いを始めたシエラでしたが、今回はステファニー友人に対してのものでした。これを受けてステファニーは、シエラが友人の体に何かを察知したこと、そして彼女が彼らに何かを警告しようとしている事を知っていました。

Advertisements
Advertisements

しかし今回のケースでは、ステファニーの友人は、自分が卵巣癌にかかっていることをすでに知っていました。 再び奇妙な振る舞いを始めたシエラは、今回は主人ではなく、見知らぬ人に対して反応していました。また別のケースでは、ステファニーが家の建て直しを行うために労働者を自宅に呼んだ時、シエラは彼に直面するなり、また奇妙なふるまいをし始めました。これを受けてステファニーは、すぐに彼らの上司に連絡を取り、彼を医者のもとで診察させるべきだと伝えました。

Advertisements
Advertisements