医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

シエラがステファニーのもとにやってきたのは、2011年のことでした。それから1年後、シエラの新しい飼い主であるステファニーは引っ越すことを決め、彼女が最初に生まれたカリフォルニアを離れ、より厳しい気候のウィスコンシンに定住しました。

Advertisements
Advertisements

ウィスコンシンでは、州都マディソンの新しい家に移住しました。この地域は冬になると、気温が摂氏13°度まで下がる可能性もあります。 しかし、元々寒さに強いシベリアンハスキーは、このような環境下であってもその生体能力にさして影響はないでしょう。そのため、ステファニーも彼女の容態の変化などについて、さほど心配はしませんでした。シベリアンハスキーは、ウィスコンシン州のような過酷な気象条件での生活に慣れています。しかしこの時点で、ステファニーはシエラが彼女の命を救う事になるとは、知るよしもありませんでした。

Advertisements
Advertisements