医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは今、4度目の癌の再発の危機に日々さらされていますが、彼女はなんとか日々を楽観的に生きることができています。その上、自身の身の危険も抱えながら、彼女は癌であると診断された人々を助け始める活動も始めました。

Advertisements
Advertisements

現在、乳がんでいうピンク色のような、ステファニーの所属する組織に関連する青緑色は、彼女人生における主要な色になりました。組織に属する他の女性たちは、彼女の「青緑色の姉妹」になりました。ステファニーは、かつて米海兵隊に5年間勤務し、難病の一つである癌を生き延びた、とてもタフな女性でした。「私の語るシエラのエピソードは、人々に彼らのペットの持つ能力を再認識させました。動物が十分に賢いという事実の証明は、実例を持ってもたらされることが多いです。」

Advertisements
Advertisements