医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは、彼女が非常に幸運な人間の一人であることを承知しています。3度の難病の診断を生き延びた彼女は、現在においても定期的に医師の診察を受けるようにしています。そして、そこにはシエラがいつも側についています。

Advertisements
Advertisements

卵巣癌は、後期になってから初めて発見された場合、治療後も再発してしまう確率が高くなります。これは、ステファニーの身に2015年と2016年に実際に起こったことでもあります。そのため、愛犬のハスキーが彼女に早い段階から警告したことは、彼女とって非常にラッキーでした。しかし、ステファニーは特定の治療を受けた後でも、シエラが依然として癌を検出できるかどうか、少し心配しています。ステファニーは、後に彼女の愛犬との信じられないほどの物語について本を書くつもりです。

Advertisements
Advertisements