医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは間違いなく、彼女のそばにシエラを置いておくことに大きな安心を感じていることでしょう。彼女の忠実な毛皮で覆われた仲間は、彼女の命を合計3回も救ったのです。

Advertisements
Advertisements

ステファニーは、シエラがいつまでも彼女の近くにいるわけではないことを認識しており、それもあって彼女は毎日毎日シエラのことをより大切に扱っています。また彼女は、素晴らしい愛犬との逸脱について本を書くことさえ考えています。 ステファニーが定期検診のためにウィスコンシン大学カーボン・キャンサー・センターを訪れるたび、シエラは常に反応して奇妙な振る舞いを始めます。施設からの匂いは彼女を過敏にするため、ステファニーは帰宅するとすぐに着替えるようにしていました。

Advertisements
Advertisements