医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーの他の愛犬であるギズモ、シエラの癒やし的な存在です。「犬は、私たちが普段希望がないものと考えがちなものの多くに対して、まだ希望はあると理解させてくれることがあります。」と、著者のマリア・グダダベージは述べています

Advertisements
Advertisements

「犬は飼い主の体に悪い変化が起きているのを察知すると、怖がったり怒ったりと、その態度を豹変させます。」と、ステファニーを担当した腫瘍医であるデビット・クシュナー博士は述べています。彼は、犬は98%以上という高精度で、さまざまな種類の癌を検出できる能力を持っていると指摘し、特にステファニーの愛犬シエラの能力を大絶賛しています。ステファニーが今日普通に生活できているのは、シエラの能力が大きな貢献を果たしたことは間違いありません。

Advertisements
Advertisements