医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは、医師の言葉に安心して病院を去り、自宅では処方箋として持ち帰った鎮痛剤で痛みを和らげていました。彼女が取った対処法は、それがすべてでした。しばらくして調子が良くなってきたら、自分の人生を正常に戻すつもりでいました。

Advertisements
Advertisements