医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーの最愛のハスキー犬シエラは、飼い主の近くにいるときに奇妙な行動をおこすことから、ステファニーはすぐに自身の体になにか異常があるのではないかという疑いを持ち始めました。彼女はその鼻をステファニーの下腹部に置いては、熱心な様子でその匂いを嗅いでいました。

Advertisements
Advertisements

奇妙な振る舞いをし始めたシエラは、繰り返し何度も何度も同じ行為を続けたので、ステファニーは彼女の一連の行動について真剣に考え始めました。彼女はそれまでに、シエラがこのような行為を続ける姿を見たことがありませんでした。「シエラは、彼女の鼻を私の下腹部に置いて、熱心な様子でその匂いを嗅ぎ続けました。それで私は、おそらく自分の服に何かをこぼしたのかと思ったのです。しかし、彼女は何度も何度も同じ行為を繰り返しました。それから、彼女はその身を隠すようになったのです」と。ステファニーは語っています

Advertisements
Advertisements