史上最高の3つのジェームズ・ボンド映画

『ジェームズ・ボンド』は、元海軍諜報員イアン・フレミングが執筆した、一連のスパイ小説のヒーローとしてその名を世界に広め始めました。最初の『ジェームス』映画が1962年にリリースされて以来、このシリーズは70億ドルを超える興行収入を記録し、史上最も古く、また最も成功した映画シリーズの1つへと成長しました。そして、ここに史上最高の『ジェームズ・ボンド』映画3つを紹介します。

1.女王陛下の007(1969)

誰もが忘れているように思えますが、『女王陛下の007』は、ジェームズ・ボンドにとって重要なシーンを多く秘めています。ボンドが恋に落ちたのは、この作品が初めてであるだけでなく、彼が結婚したのもこれが初めて(そして、今のところ唯一)です。

Advertisements
Advertisements

さらに、ショーン・コネリーではない誰かがボンドを演じる様を見ることができたのも、この作品が初めてです。そしておそらく、これが同作品が不当にも最も見過ごされている大きな理由でしょう。コネリーの後継者であるジョージ・ラゼンビーが、自分の課された役目を全うすることができず、劇中における彼の描写が惨め、かつ平たい演技であることがあるのは事実ですが、ボンドというキャラクターの個性は強く描かれています。ラゼンビーに欠けているものは、すべてダイナミックなダイアナ・リグによって補われていますが、それだけではありません。愛らしいトレイシー・ドラコは、後につかの間のボンド夫人となる、愛らしい暴徒の自滅的な娘です。また、シリーズですでに確立されていたほぼすべての慣習に逆らい、この映画は、アレルギークリニックをフロントとして使用して、美しい女性の束を生物兵器のように見立てています。それに加えて、雪をかぶったアルプスの背景を最大限に活用した、実に息をのむようなスタントもいくつか含まれており、それらの光景は、これまでのボンド映画で最高ということができます。

2.ゴールドフィンガー(1964)

『ジェームズ・ボンド』シリーズは、この『ゴールドフィンガー』をきっかけとして、誰もが認めるクラシック映画の1つとしての地位を確立しました。コネリーの演じるボンドの描写は、非常に理解しやすいものであり、ここで彼が築いた功績は、50年経った現在でも、彼の俳優としての地位と密接に関連しています。

『ゴールドフィンガー』は、007の決定的な肖像画とも言える作品です。劇中で多く搭乗する、後に引用できるようなセリフ(「いいえ、ボンドさん、あなたが死ぬのを待っています!」)から、思い出に残る悪役(かみそりで縁取られたボウラーハットを持った、ミュート・ヘンチマンのおかしな役柄を、誰が忘れられるというのでしょうか?)まで、様々な要素は実に象徴的な形で登場します。実際、私たちが『ジェームズ・ボンド』と定義するものの多くは、この映画が発祥となっています。ボンド・ガールの命名規則を意味するダブル(場合によってはシングル)、Qの魅力的で風変わりなスパイ・ガジェット、そして貴重な資源を世界的に独占しようとする悪役の繰り返しの陰謀など…。また『ゴールドフィンガー』では、金色のペンキによる死、飛行機の窓から吸い出され、ゴミ圧縮機で押しつぶされるなど、実に邪悪とも言える創造性が示されています。これらは、将来のボンド映画のゴールド・スタンダードを設定するに至りました。もちろん、この初期の成功は両刃の剣であり、『ゴールドフィンガー』で成功した多くのことを後のシリーズで再現しようとしても、その先にもたらされたのは革新ではなく、シリーズの失速だったこともありました。

3.スカイフォール(2012)

『ジェームズ・ボンド』がこれほどまで高い人気を誇る理由を、疑問に思ったことはありますか? そして、2012年の『スカイフォール』は、そんな質問に答えています。同作品は、私たちに史上最高のエントリーの1つを届けます。

ボンドの起源についての啓示は、迅速で猛烈であり、ジュディ・デンチの手ごわいMとボンドとの友情の直接の結果でもあります。そして、あなたがそれについて考えるとき、それは私たちが今まで見た中で、唯一の意味のある非ロマンチックな関係でもありました。彼女に門戸を開いたところから、ボンドの物語は表面化し始めますが、それはスコットランドの彼の家族の祖先の家に移動したところで爆発しました。『スカイフォール』は、サム・メンデス監督の専門家への指導のおかげで、ハビエル・バルデムのバランスの崩れたシルバとの奇妙なカップルの死闘は、ほとんど耐え難いほどに緊張したものに仕上がりました。それはボンドの前任者のほとんどよりも、本物としての重力感を備えたものでした。

Advertisements
Advertisements