女性の出産した四つ子たちを見た医師は硬直し、彼らは1500万人に1人の希少な存在であることを告げた

同一の4つ子の区別の難しさ

実際に、これらの4つ子は同一の存在でした。つまり、彼らは全く同じの2滴の水滴のようなものであり、たとえ違った名前が付けられているとしても、多くの場合で物事が複雑になります。そのため、実の両親であっても、彼らの違いを区別することは常に困難を伴います。

どうやら、これらの同一の4人の女の子を区別するよりも、それぞれに名前を付ける方が、はるかに簡単だったようです。しかし彼女たちは、この世に無事に生を受けたその直後に、4人をきちんと区分けしておくため、それぞれ個別の小さな部屋へと移されました。彼女たちは、見た目ではまるで同一の存在であるため、最低でも部屋を分けてそれぞれを識別する必要がありました。こうすることにより、病院のスタッフだけでなく実の両親たちにとっても、4つ子をきちんと見分けるための助けとなります。

Advertisements
Advertisements