ホリデーシーズン後に体重を減らす5つの方法

毎年、年の初めには必ず起こることです。ホリデーギフトを体に溜め込んだ1ヶ月後、新年の抱負を守るために、ネットで見つけた即効性のある減量プログラムを片っ端から試してみる時期です。残念ながら、この時期に登場するダイエット方法のほとんどは、信頼性が低いだけでなく、不健康なものばかりです。幸いなことに、正しい方法で不要な体重を落とすことは可能です。ここでは、ホリデーシーズン後に確実に体重を減らすための5つの方法をご紹介します。

胃を縮める

胃には伸縮性があり、食べる量に応じて縮んだり膨らんだりすることをご存知ですか?

Advertisements
Advertisements

これは、減量手術が失敗する主な理由の1つです。手術で作られた小さな胃でも、時間の経過とともに、より多くの食べ物を受け入れることができるようになるからです。怖いと思われるかもしれませんが、その逆もまた然りです。また、食事の量を減らせば、時間の経過とともに胃が縮小して少ない量の食事で済むようになり、食べるカロリーが減って痩せることができるのです。家やレストランで食事をするときは、お皿の3分の1を取るようにしましょう。お皿の一部を脇に置くことで、全部食べたいという誘惑を減らすことができます。

タンパク質を増やす

研究によると、タンパク質は満腹感を長持ちさせるそうです。これは、たんぱく質が消化されにくく、インスリンの分泌量が減ることと、たんぱく質を含む食品がかさばることによります。

炭水化物を食べる代わりに、タンパク質を多く含む朝食や昼食を食べた人は、次の食事の時に空腹感を感じないことが多いようです。また、タンパク質は消化のために体が余分なカロリーを消費する必要があります。ただし、鶏肉、サーモン、ギリシャヨーグルト、七面鳥の胸肉の薄切りなど、低脂肪のたんぱく質を摂るようにしましょう。毎回の食事でタンパク質を摂るようにすると、満腹感が得られないときに起こりがちな食べ過ぎを防ぐことができます。

カクテルを控える

今月飲んだザクロのマティーニは、様々な意味で健康に影響を与えています。

糖分や脂肪分はともかく、アルコールのカロリーについては、胃や脳は液体のカロリーを固体と同じようには認識しません。私たちは、カロリーを考慮せずに食べたり飲んだりしてしまうことがよくあります。今こそエッグノッグを減らし、満足感があり、罪悪感の少ない飲み物を探すべきです。喉が渇いたら、紅茶(脱脂粉乳と甘味料)、スパークリングウォーター、冷たいフルーツ入りの水をピッチャーに入れて飲むなど、低カロリーの飲み物を試してみましょう。人はよく喉の渇きと空腹を混同するので、次に間食をしたくなったら、まず水を飲み、コップ数杯分飲んで20分待ちましょう。

毎日の運動を増やす

最新の指示を忠実に守り、毎日の生活に運動を加えれば、休暇後に体重を減らせる可能性が高まります。

ジムの会員になっているとすれば、休暇の後は通常の運動習慣に戻しましょう。レッスンや会員費のお得な割引は、休み明けすぐに始まります。キャンセルできないクラスに申し込んで、日課や活動を再開しましょう。すでにジムやフィットネス、スポーツ全般が好きな方は、休みの日に有酸素運動や筋力トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

甘いものをやめる

研究によると、砂糖を食べると中毒性があり、食欲と暴飲暴食の不健康なサイクルに陥る可能性があります。

これは、砂糖を多く含む食品を食べると、インスリンが急激に分泌されることが主な原因です。インスリンは血糖値を低下させます。余分なカロリーが脂肪として蓄えられ、その後、血糖値が低下すると、イライラしたり、眠くなったり、「食べ物の昏睡状態」の原因となります。また、血糖値が下がると、血糖値を上げるために甘いものを食べたくなりますが、必然的にまた血糖値が下がるので、雪だるま式に血糖値が下がっていき、なかなか抜け出せません。年末年始のディナーの後は、4日から10日間、デザートを一切食べないことを誓いましょう。

Advertisements
Advertisements