建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

建設現場での作業中に、まるで場違いとも思える想定外の物体が偶然発見されることは、特に珍しいことではありません。それが宝石であれ、骨董品であれ、場合によっては古代の遺物であれ、忘れ去られた物が地下へと潜り込んでいくのは自然なことです。それらは数年後、現場で発掘工事が行われる際に、建設作業員によって発見されるケースが多いです。しかし、あるドイツの建設作業員が、大都市の地中奥深くに埋められたある物体を発見したとき、彼らは自分たちの目を信じることができませんでした。彼らが後にその物体の正体を知ると、当時命の危険にさらされていたのは、自分たちの命だけではないことを知ったのです。

他の日と同じようなある日

Advertisements
Advertisements

2016年、ある建設作業員チームは、ドイツで最も古い都市の1つであるアウグスブルクで作業を行っていました。彼らの作業計画は順調に進行しており、それまでの建設現場において大きな問題は特に発生していませんでした。そのため、作業員全員が快適に作業を進めることができており、また彼らの機嫌もすこぶる良好でした。しかし、彼らの使用していた建設道具がある大きな物体にぶつかると、彼らはその手を一時中断しました。そして彼らは、その物体が異常な何かであることに気づき始めたのです。

Advertisements
Advertisements