建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

状況の重大さを理解していない現代人

平和な現代においても、未だに活躍する爆弾処理ユニットには、まだまだやるべき作業が多く残されています。このKMBDチームは、私たちの元に公開されている情報によると、毎年500トン近くもの戦時中の武器を発見しています。

Advertisements
Advertisements

したがって、人類の歴史上における最大の紛争中、連合軍の爆撃機がヨーロッパの地に投下したものの、爆発することなく残った不発弾は、出来る限り迅速に取り除き、無事に解体しなければなりません。KMBDの責任者ホルストは、「私たちが平和に暮らす都市の地下には、不発弾がまだまだたくさんあることを、殆どの人々は知らずに生活しています。」と述べ、彼の懸念を表明しています。彼らにとって困難なことは、これらの不発弾が眠る場所を特定することと、もし一般人がそれらを偶然発見した場合、周囲を掘ったり手を触れたりせずに、真っ先に専門家に連絡するよう、彼らを教育することの両方が挙げられます。

Advertisements
Advertisements