建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

建設工事時の注意事項

これらの膨大な数の不発弾が、現代の地中にもまだ眠っているという現実に対し、建設工事中に万が一爆発するなどという、誰も願ってはいない不幸な事件が発生することだけは、どうしても防がなくてはなりません。そのため、地中の不発弾に対応するための作業基準が制定されました。

Advertisements
Advertisements

今日、ドイツにおける多くの地域では、新しい建設プロジェクトを開始する前に、対象地域の地中調査を完了させなくてはなりません。しかし、この調査は必ずしも毎回正確なものであるとは限りません。たとえば、ドイツのケルンでは、都市内で進行中だった建設プロジェクトの最中に、1トンの爆弾が発見され、周辺地域に住む2万人もの住民が避難するという事態が発生しています。しかし、今回のアウグスブルクで見つかった爆弾は、信じられないことにこの2倍の大きさを誇っていました。もし、この爆弾が深刻な脅威となる事が明らかになった場合、都市に住む何万人もの人々が避難しなければならない可能性があります。

Advertisements
Advertisements