建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

KMBDの抱いた懸念

今回依頼を受けたKMBDが、アウグスブルクの建築現場に到着したとき、彼らはその日に目にした光景に対し、ある大きな懸念を抱きました。経験を積んだ彼らでさえ懸念を抱いたその背景には、どのような事情があったのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

彼らに大きな懸念を引き起こしたもの、それは非常に特別な理由によるものでした。実際、今回のチ中で発見された不発弾は、かつてのイギリス王立空軍のものでした。そして、地上に発展しきった大都市に住む、全ての人々の身の安全を懸念して、彼らは第二次世界大戦以来、最大となる避難勧告を発令することを決定したのです。その結果、アウグスブルクに住む住人、およそ5万4千人が一刻も早く自宅を離れ、避難所へとかけこむことを余儀なくされました。そして、何よりも最悪だったのは、勧告が発令されたその日は、クリスマス当日の朝であったという事実です。

Advertisements
Advertisements