建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

避難に適した時期の決定

アウグスブルクで作業中だった建設チームは、ホリデーシーズンが始まる矢先である12月20日に不発弾を発見しました。しかし、迅速に様々な調査を行った結果、市はあえてクリスマスの当日まで、今回の避難勧告を発令するのを遅らせました。

Advertisements
Advertisements

アウグスブルク市の当局は、今回の避難時期を遅らせた理由について、こう語っています。「殆どの人が働きに出ている平日には、都市における住民の全体が動き回り、全てのビジネスや交通機関が非常に混乱するため、人々を一斉に避難させることははるかに困難になります。ただし、休暇中においては混雑が全体的に解消されます。確かに、今回の勧告は住民にとって、楽しいはずのクリスマスを台無しにするものかもしれませんが、これが私たちの考えうる可能な限りの最良策でした。」そして、彼らが勧告した通り、人々はクリスマスの日に自宅を離れるしかありませんでした。

Advertisements
Advertisements