建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

市民を街から避難させる

大都市に住む銃員の避難を容易にするためには、人々の安全をまずきちんと確保する必要があります。そして何よりも、避難経路で大きな混乱が起きたり、人身被害が発生しないように、しっかりと配慮する必要もありました。

Advertisements
Advertisements

アウグスブルク市当局は、住民の避難ができるだけスムーズに進むように、100台以上のバスをチャーターし、路面電車もフル活用して、市民全員ができるだけ早く市内から離れられるように最善を尽くしました。これと同時に、警察や他の当局者は、避難命令を聞きもらす人がいないことを明確にするため、笛や拡声器を駆使して通りを歩き、人々に勧告して周りました。今回発見された不発弾未だアクティブである可能性があるため、住民全員を町から避難させることは不可欠だったのです。

Advertisements
Advertisements