建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

緊張の4時間

今回の巨大な不発弾を解体する前には、万が一爆発した際に生じる災害の規模を計算し、それに応じたすべての措置を事前にしっかりと講じておく必要がありました。それほどこの不発弾は、巨大な現代の街全体を破壊することも可能なほどの、協力な破壊力を秘めているかもしれない代物だったのです。

Advertisements
Advertisements

自らの命を危険にさらしながら解体作業を行った2人の専門家は、自分たちと避難したの住民たちの命と都市での生活、そして現代の発展しきった都市環境の安全性を考慮しながら、自らの仕事が明確に正しく行われることを確認しながら、時間を忘れて何時間も作業に没頭しました。もし、万が一爆発した場合に備えて、専門家たちは砂袋の壁に囲まれてた環境で作業を行っていました。彼らにとっては、恐らくこれ以上とないと考えられるストレス下での4時間は、結局無事に成功しました。この結果を受けて、誰もが大きな安堵のため息をついたことは、言うまでもありません。

Advertisements
Advertisements