建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

平和なクリスマスが帰ってきた

全ての人々にとって、喜ばしいニュースがもたらされました。2人の爆弾解体の専門家は、彼らの持つスキルと勇気を世の中に証明したのです。彼らが挑んだ、命からがらとなった4時間の爆弾解体作業は、無事に成功したのです。

Advertisements
Advertisements

アウグスブルクの地下で発見された爆弾は無事に解散され、クリスマス当日に避難という事態に直面した住民たちは、クリスマスのディナーに間に合うような形で帰宅を許可されました。彼らにとってのこの年のクリスマスは信じられないような始まりを見せ、またストレスの多いものとなりましたが、最終的にはすべてがうまくいきました。また今回の事例は、世界中のどこかに未だ埋没している不発弾の危険性について、一般認識をより高めるのに役立ちました。

Advertisements
Advertisements