建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

オブジェクトの特定

あなたはそれを聞いて、一瞬信じられない気分なるでしょう。しかし、現場を担当していた建設作業員たちが見つけたある物体は、その街に住むすべての人々の命を危険に晒すほどの脅威を秘めた、非常に危険なものだったのです。

Advertisements
Advertisements

専門家達の調査の結果、建設作業員たちがアウグスブルクの中心部地下で発掘した物体は、なんと2トンもの重さを誇る爆弾であることが判明したのです。この爆弾の種類から判断するに、これはかつて1939年から1945年まで続いた第二次世界大戦中に使用された爆弾であり、人類史上最も恐ろしい致命的な紛争の残骸であると結論付けられました。もし、この爆弾がある時点で実際に爆発していた場合、もしくは、この先そうなるように仕組まれているとすれば、大都市であるアウグスブルクの街は、おそらく木っ端微塵と化すことでしょう。

Advertisements
Advertisements