建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

廃墟と化したドイツ

かつてドイツを統制していたナチスが、ついに降伏して白い旗を振るまでに、彼らの祖国ドイツのほとんどが、戦争と爆撃により廃墟同然の状態になっていました。実際に、その大部分はほぼゼロに近い瓦礫の状態でした。

Advertisements
Advertisements

かつてドイツ中に建設された、古代からの美しい建物は、何も残っていませんでした。そこにあったものは瓦礫だけであり、ほぼすべての国土が荒廃していました。当時のナチスの兵士は、同盟国の敗北に苦しんでおり、その町全体が同盟国からの絶え間ない爆撃によって破壊されていました。また信じられないことに、多くの町における広大な地域は瓦礫と化していましたが、その反面で他のいくつかの地域は、不思議なことに爆撃の影響を一切受けていませんでした。

Advertisements
Advertisements