建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

状況に対する適切な処置

アウグスブルク市当局は、現代に再び蘇った重大な問題を解決することを目的として、今回見つかった不発弾の場所と、その適切な処理をKampfmittelbeseitigungsdienst(KMBD)へと依頼しました。

Advertisements
Advertisements

KMBD部隊は、十分な知識と現場での適切な処置方法を兼ね添えた爆弾処理ユニットです。彼らは市の警察と消防士で構成され、特定の目的のために訓練されています。彼らの主たる仕事は、人命を脅かすほどの非常に危険な発見から生じた状況に、適切に対処することです。しかし、彼らは今回発見された、いつ爆発するかも分からないと推定された2トンの爆弾を、一体どのようにして処理するつもりだったのでしょうか?現場では、全員が息を止めながら作業状況を見守りました。

Advertisements
Advertisements