建築現場の労働者はある奇妙な物体を発見すると、すぐさま市の警察に通報した

未だに終わらない作業

2016年、ドイツのKMBDは、大都市地下で発見された2トンにも及ぶ不発弾の処理という、大任務を任されました。そして、2020年の段階においても、彼らはドイツの地下に未だ残っているこの不発弾を取り除くため、懸命な作業を続けています。

Advertisements
Advertisements

残念ながら、彼らの不発弾処理作業は、まだ終了の兆しを見せていません。同理由により、ドイツの一部における発掘と建設作業は、現代においても未だに困難を極めています。ブランデンブルク州のKMBDの責任者であるホルスト・ラインハルトは、1980年代に同部隊に加わりましたが、その就任から30年が経過しても、まだ同じ内容の仕事をしているとは、想像もしていなかったと語っています。この事実は、現代に残る不発弾の処理に関して、より多くの研究が必要であることを意味しています。

Advertisements
Advertisements