この男性は妻の死を乗り越えて2年後に再婚約し、ある日奇妙な電話を受け取った

偶然ではない出来事

デイビッドは、このように続けます。「ブレンダは、午前7時7分に亡くなりました。その日までは、5週間に渡って雨が一滴も降っていませんでした。しかし私たちにとっては実に痛切な時期であり、私たちの心は常に曇り空でした。」

Advertisements
Advertisements

しかし、家族が絶望に包まれていたこの時期、突然何かが状況を変え、彼らに笑顔をもたらし、それと同時に希望の輝きをも与えることになりました。「そこで突然、二重にも及ぶ鮮やかな虹が、可能な限り長く、そして明るく、雲を横切って何マイルも伸びていったのです。その様は、信じられないほど美しいものでした…。これは、間違いなくある兆候であったと確信しています。」この虹は、最終的にはすべてがうまくいき、ブレンダの亡き後も、家族は再び幸せな生活を取り戻せるという希望を象徴していました。それは彼らにとって、第2の人生の始まりのしるしのようなものでした。

Advertisements
Advertisements