この男性は妻の死を乗り越えて2年後に再婚約し、ある日奇妙な電話を受け取った

最大の懸念

母親であるブレンダが不治の病を宣告されて以来、彼女にとって最大の関心となった事は、自分の体のことよりも、彼女亡き後の家族の健康と生活環境についてでした。一家の生活を夫と共に支える妻として、彼女は出来るかぎりのことを準備しようと試みました。

Advertisements
Advertisements

また彼女は、自分の死後、夫のデイビッドが他のパートナーを見つけ、その人と共に幸せになることを望んでいました。彼女はまだ生きている段階から、彼に別の女性を探すよう、積極的に勧めさえしたのです。この状況はクレイジーであるかのように聞こえますが、彼女が家族にしてやれることは、間もなく何もなくなってしまうのです。彼女の人生のパートナーに、残りの人生を生きるための他のパートナーを見つけるように勧めるよりも、純愛の証拠になるような行為はありません。死が近づいた彼女の行為は、彼女の持つ真の誠実さと、家族の幸せを願う彼女の気持ちを証明するものでした。彼女は身も心も実に美しい存在だったのです。

Advertisements
Advertisements