この男性は妻の死を乗り越えて2年後に再婚約し、ある日奇妙な電話を受け取った

ブレンダの遺言

デイビッドは、このように続けています。「私はブレンダに、いったいいつになったら、彼女のような素敵なパートナーに巡り会えるのかを尋ねてみました。そしてブレンダは、こう答えたのです。『何も心配しないで。私は、いつでもあなたに心の中にいるから』」

Advertisements
Advertisements

デイビッドの歩んできた幸せな人生の中で、新しい愛を見つけることは、彼が考えることのできる最後のことかもしれません。状況は理解できるものですが、一方でブレンダはそれを異なる視点から見ていました。彼女は、夫にたった一人で人生を終わらせてほしくないこと、そして、その時に自分が側にいてやれないことから、彼の愛情にふさわしい、新しい人生のパートナーを見つけることを、何よりも望んでいました。彼らの間の最期の会話は、デイビッドの記憶の中に深く刻まれています。そして、最終的にブレンダがこの世を去り、その現実を受け入れなければならない辛い時期にも、彼の人生は続いていくのです。

Advertisements
Advertisements