この男性は妻の死を乗り越えて2年後に再婚約し、ある日奇妙な電話を受け取った

2人の間の息子

ブレンダとデイヴィッドは、深い愛を持ってお互いの子供たちに接しましたが、マックスという名の小さな男の子の到着により、彼らはより深く満たされることになります。そして、ブレンダが亡くなったとき、彼は物心のつく前のたった2歳でした。

Advertisements
Advertisements

ブレンダは、マックスの2歳の誕生日からわずか10日後に亡くなりました。運命とは、実に過酷なものです。したがってデイビッドは、妻から受け継いだ意思と共に紡いだ記憶を、2人の息子と他の3人の子供たちのために、なんとしてでも生かしておくことを義務としていました。最愛の母親がいなくなったことで、マックスは生涯取り払うことの出来ない印を付けられることになりましたが、彼の母親は素晴らしく愛情深い女性であったことを彼に証明することが、デイビッドの義務の1つでした。

Advertisements
Advertisements