新しい娘のベッドシーツの奇妙な状況に気づいた母親は、溢れる感情に涙を流し始めた

彼らの記憶に刻まれた感情的な瞬間

担当の看護師が、新生児のおむつを変え、身だしなみを整えると、赤ちゃんを母親ではなくチャドに渡しました。この一連の行為は、一見普通であり取るに足らないものであるように思えました。しかし、この時のローレンが知らなかったのは、これらの行為がチャドの計画の一部だったということです。

Advertisements
Advertisements

父親となったチャドは、看護師から渡された新生児をその腕に抱え、あるチェックを行いました。そして、すべては計画通りに進んでいることを確認すると、彼は新生児の母親の腕に、その小さな女の子を渡しました。

やがてローレンが、娘の包まれた毛布の間に、何か奇妙なものがある事に気付くまでに、少し時間がかかりました。彼女は、それが何であるかを完全には理解していませんでした。それは少し奇妙な質感を覚える「何か」であり、プラスチックの破片か何かかと推測したものの、彼女はなぜそれが毛布の間にあるのか、まったく理解できていませんでした。ローレンは少し心配し始めましたが、その一方で、部屋の誰もそんな彼女の変化に気づいていないようでした。

Advertisements
Advertisements