新しい娘のベッドシーツの奇妙な状況に気づいた母親は、溢れる感情に涙を流し始めた

エバー・リー、世界へようこそ

出産を間近に控えたローレンは、それまでになく生まれくる赤ちゃんの父親、チャドの存在を必要としていました。女性にとっては、出産という運命の瞬間を迎える時に、夫の存在を身近に感じるか感じないかで、その心の余裕に大きな違いが産まれるものです。

Advertisements
Advertisements

チャドは、まもなくこの世に生を受ける自分の赤ちゃんの母親であり、妻であるローレンを、その時以上に誇りに思うことはできませんでした。ローレンが出産時を通して示し続けた、その強さと勇気を目撃していたチャドは、彼女との絆はより尊いものであるように感じていました。やがて、小さなエバー・リーが無事に生まれたとき、両親となった2人の気持ちは、言葉では言い表せないものでした。出産期間を通して彼らが直面してきたすべての苦しみは、赤ちゃんの到着という瞬間を持ってようやく報われたのです。出産は非常に困難なものでしたが、母子ともに健全・健康な状態でした。今、彼らはただ休息を取る必要があったため、チャドが用意した驚きを披露するまでには、もう少し待たなければなりませんでした。

Advertisements
Advertisements