新しい娘のベッドシーツの奇妙な状況に気づいた母親は、溢れる感情に涙を流し始めた

計画通りに進んでいるように見える物事

チャドとローレンは、出産が無事に終了した後、どのような手順を取るべきかをすでに話し合って決めていました。彼らは、自分たちが望むもの、そして彼らが物事をどのように進めたいかについて、お互いの意思を事前に明確にしていました。そのため、すべてはそれに沿ってうまく計画されていました。

Advertisements
Advertisements

チャドは、出産を終えて母親となったばかりの段階のローレンは、新生児の世話に費やすための体力と気力はあまり残っていないだろうと、想像していました。そして、彼女はまさしくそのような状態でした。そして、新生児に必要な次のおむつ交換の際、彼女の看護師がそれを担当するためにそこにいました。チャドの計画を遂行するためには、看護師が赤ちゃんのおむつを交換し、新しい服を着せる必要があったのです。そして、看護師が産まれたばかりのエバー・リーを毛布で優しく包むと、すべては正常通りであるかのように思えました。チャドは、すべてが計画どおりに進んでいることを、ローレンにはばれないように常に確認していました。

Advertisements
Advertisements