37年の行方不明期間を経て、ついに地上に降り立った飛行機の正体

想像してみてください。それは7月で、灼熱の太陽があなたを照りつけ始めています。本場の夏に向けて長期休暇をとったり、別の都市や国へ旅行したりと、日常生活から離れた環境を楽しむことが待ちきれません。休暇中は仕事の事を気にする必要はなく、またその義務もありません。そして、あなたの耳には「マイアミ行き914便、搭乗準備が整いました。」とのアナウンスが聞こえてくるのです。

Advertisements
Advertisements

待ちに待った休暇先へ向かうため、あなたは興奮した様子で飛行機に乗り込み、座席に着きます。飛行機が離陸すると、あなたはしばし窓からの美しい景色を楽しみます。しかし、それはアメリカの境内を越えて、どこか別の国に向かっているようです。さて、一体何が起こっているのでしょうか?この飛行機は、一体どこへと向かっているのでしょうか?これはまさに、1955年7月2日、ニューヨーク発マイアミ行き914便に搭乗していた乗客全員の頭の中にあったことです…。その先の展開を知るには、記事の続きを読み進めてください!

Advertisements
Advertisements