ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

感情的な反応

オーウェンが贈り物で溢れたバッグをウィリアムズ夫妻の自宅に届けると、家族全員が引き裂かれるような思いでした。キャロラインは「ケンが一体、どれくらいの期間をかけてこれらの贈り物を用意し、そして大切に保管しておいてくれていたのか、想像もつきません。過去2年間かけてくれたものだったのか、それとも、彼の人生の終わりの時期が近づいてからだったのか…色々考えると、心が痛みます。」と語っています。

Advertisements
Advertisements

ここで私達が、ケンが亡くなったとき、カディはまだたったの2歳だったことを覚えておく必要があります。カディにとって、年の離れた大親友を失ったことは、実に悲しいことだったでしょう。しかし誰にとっても、2歳という幼少時の時の記憶は、良かれ悪かれやがては薄れていくものです。そんなケンは生前、ケディに向けて14個の贈り物を購入していました。つまり、カディが16歳になるまで、毎年のクリスマスギフトを計画していたのです。彼女が16歳になるまでの毎年、ケンからの贈り物を受け取ることができれば、かつて幼い彼女が愛したケンの記憶を、鮮明に記憶しておけることは確かです。どうやらこれらの贈り物は、ランダムに選ばれたものではないようでした。

Advertisements
Advertisements