ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

予期せぬニュース

その翌朝、オードリーが受けた検査の結果が明らかになりました。オードリーはティシャに電話し、子供たちにそのニュースの内容を伝えるように頼みました。彼女はなんと、食道癌の2段階目に突入しており、現時点ではまだ元気でしたが、彼女の人生の先には雨雲が流れ込み始めていました。

Advertisements
Advertisements

ケン・ワトソンのように、彼女はこのニュースを聞いた瞬間、あるひらめきを得たに違いありません。オードリーとティシャの子供たちは、皆実にとても仲良くなり、オードリーが病院で治療を受けている間、ティシャはオードリーの子供たちの面倒を見続けることに同意しました。結局のところ、それこそが彼女が隣人のためにできる、最小限のことだったのです。私たちが困難な状況にあるとき、家族の次に私たちが信頼できる最初の人々は、私たちの隣人であることは確かです。しかし、オードリーの医師がさらに衝撃的なニュースを告げに彼女のもとに戻ってくるまで、そう長くはかかりませんでした。

Advertisements
Advertisements