ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

唯一の解決策

医者はオードリーに対し、彼女はもう後数ヶ月しか生きられないだろうと告げました。当然ながら、オードリーはこのニュースに打ちのめされましたが、彼女の目の前には、多くの選択肢はありませんでした。当時、オードリーの家族は彼女に大きく依存していたのです。

Advertisements
Advertisements

オードリーは、自分の子供たちの将来について真剣に考えなければなりませんでした。また、それを元に非常に迅速な行動を取ることも求められました。医者によると、オードリーには生きる時間がもうあまり残されていないとのことだったのです。果たして、彼女は自分に残された時間で、一体家族のために何ができるのでしょうか?他の唯一の選択肢は、里親を探すということでした。そして彼女の隣人のティシャは、自身が里親から育てられたため、子供が健康的に成長するには、愛情のこもった家庭と安定した生活が必要であることを、自ら思い知っていました。そして彼女は、オードリーに手を貸すことに同意したのです。

Advertisements
Advertisements