ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

ティシャの歓迎

その後すぐに、オードリーは亡くなりました。そして残された彼女の子供たちは、ボーチミン一家の家に引っ越しました。その後の作業は、ティシャにとってはなんとでもないようなものでした。彼女はディナーテーブルに3席分を追加し、ベッドルームの配置を少し変更し、両手を大きく広げて、オードリーの子供たちを歓迎しました。

Advertisements
Advertisements

明らかに、彼女の家は少し窮屈になり、物事はいささか複雑さを帯びましたが、たったそれだけでした。しかし、ティシャと彼女の夫であるケビンが、オードリーの子供たちの法定後見人になるために事務処理を行いに役所に出向いたとき、事態は少し厳しいものになりました。彼らの所有していた自宅は、オードリーの子供3人を収容するには小さすぎたため、彼らは正式な里親として承認されなかったのです。また、両親が必死に働いていたとしても、そのお金で子供たち全員を養い続けるのことが出来るのかも、疑問視されてしまった点でした。

Advertisements
Advertisements