ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

家の状況

まず、このサプライズチームは、家族が新しい生活状況にきちんと順応していた事実に驚きました。ボーチミン一家の2人の最年長の子供、ホリーとチャドは、自分達よりもまだ小さいオードリーの子供たちのために、自らの寝室を彼らに譲った後、キッチンとリビングルームで寝ていたのです。彼らによると、それは一時的なものにすぎず、大したことはないとのことでした。

Advertisements
Advertisements

一家は、家のロフトを小さな子供たちの寝室に改装するため作業していたのです。しかし、里親制度の制定によると、ある部屋を寝室に改造するためには、きちんとした壁を立てる必要がありました。これは、聞こえよりも簡単な作業ではありません。なぜなら、家に新しい壁を設置する上でかかる費用は、彼らが支払うことができる予算を大きく上回っていたからです。 「私は、オードリーの子供たちを手放すことは、どうしてもできません」と、ティシャは発言しています。「彼らは、私のお腹から産まれてきたのではないかもしれませんが、私の心には常に存在しています。」そして、このチームは彼に重大なニュースを発表しました。

Advertisements
Advertisements