ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

どうもありがとうございました

この状態を受けて、家族全員が幸せの涙を流しました。特にティシャとケビンは、彼らの地元のコミュニティに対して、心の奥底から感謝の気持ちを示すしかありませんでした。「私は、特別なことは何もしていません。私はただ、誰かの代わりにできることを尽くそうとしていただけです。」と、ティシャは発言しています。

Advertisements
Advertisements

今、厳しい年月の終わりとして、彼らは本当の意味での幸せなクリスマスの奇跡を楽しむことができていました。「私達から声を上げなくても、誰かが私たち家族を見てくれていて、また私達のために何かをしてくれることは、本当に驚くべきことです」と、ティシャは話しています。彼女の受けた恩恵は、隣人との良好な関係を築き、彼らのことをよく知ることが、いかにお互いに重要であるのかを示しています。

そんな彼女が、誰かからの優しさを受け取っていたとき、それほど遠くない場所で、また別の母親が人生を変える驚きを得ようとしていました。

Advertisements
Advertisements