ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

驚きのメモ

シドニーには知らされていませんでしたが、スチュアートと彼のYouTubeクルーは、彼女がその日に買い物をしていた近くで撮影を行っていました。そして、シドニーの「事故」の数時間後に彼らが車へと戻ると、スチュアートは車に残されたメモを見るなり、カメラを取り出したのです。

Advertisements
Advertisements

スチュアートは、そのメモをカメラで映し出しました。彼は、シドニーが自分の車に傷を付けたことを正直に告白し、保険金の請求先として連絡先を残していたことに感銘を受けました。彼はその人生を通して、多くの人に出会ってきましたが、このメモは明らかに、良心な人からのものであることを察しました。そして彼は、ある使命に着手しました。

スチュアートのクルーの一人は、どういうわけか、シドニーに軽い冗談をふりかけることを提案しました。彼女は、この非常に正直な女性に軽い冗談をしかけ、次の動画のためにすべてを記録してみたらどうかと考えていました。やがて彼らは、次に何をすべきかを正確に知っていました。

Advertisements
Advertisements