ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

貴重な落とし物

その紙は、ただ路上に捨てられた領収書やゴミではありませんでした。その紙は、まだ真新しい署名がされた小切手だったのです。彼は周りを見回しましたが、この小切手の所有主と思われる人は、誰もいませんでした。そんな彼が、小切手に書かれた数字に向けられると、ある熱い空気が彼の肺から噴出しました…

Advertisements
Advertisements

なんと、その小切手の金額は10,000ドルでした。もし彼がこれを現金化しようと、今すぐ銀行に行く準備ができていれば、エルマーの先の人生はまるで違ったものになっていたことでしょう!そこには、誰も持ち主らしき人はいませんでした、そして、これを持って最も近い銀行に走ることを妨げる人は、誰もいませんでした。今、エルマーの目の前には、大きな誘惑がありました。その小切手に書かれた金額は、1か月間家族を養えるほどのものだったのです。しかし、彼は大多数の通行人が彼を見て、一瞬で思い込むような人ではありませんでした。彼は、突然の誘惑には屈しませんでした。

Advertisements
Advertisements