ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

偶然の繋がり

オフィスから通りに戻ったロベルタは、ある小切手をエルマーに手渡しました。それはエルマーに宛てたもので、彼は突然の贈り物に、感謝の涙を流し始めました。それまで全く見知らぬ人同士だった2人は抱きしめあい、やがてロベルタは彼女自身の話を共有し始めました。

Advertisements
Advertisements

ロベルタの過去について学んだエルマーは、彼らの間にある共通点がどれほどのものかを知り、しばらく信じることができませんでした。彼らの心の中には、確かに新鮮な繋がりがすでに芽生えていました。そして、彼らが別れを告げる直前に、ロベルタはある計画を実行に移しました。

しかし、世間の偏見は、ロベルタが予想していたよりも早く表面化しました。署名済みの小切手とIDカードを持参した上で、エルマーが小切手を現金化しようと銀行に向かうと、驚いたことに、銀行員はそれらの受け取りを拒否したのです。

Advertisements
Advertisements