ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

悲しみを克服する

「妻が亡くなったあと、そのショックから立ち直るまでに、いささか長い時間がかかりました」と、ワトソンは話します。「しかし、彼女の魂はまだ私の周りに存在していると思います。私は時々、彼女の声を耳にしては、彼女と話しています。また、私は最近パラシュート降下にチャレンジしました。私は、このようなスリルのある行為を楽しんでいます、パラシュートは、空気の流れを全身で感じられるのです。特に、2番目のジャンプは最高でした。私はまるで、ワシにでもなったかのような気分を味わえました。」

Advertisements
Advertisements

彼が85歳のとき、おそらくそれまでの人生で、最も大胆な行動に出ました。彼は小さな飛行機に搭乗し、その機体の頂上にまで登ると、空中を飛行中に上翼で直立していたのです!この経験については、彼は次のように述べています。「ウィング・ウォーキングは、まったく怖くない行為です。どうやら、これの年齢制限は63歳までとのことですが、健康であるという診断書を持っている限り、私にとってはすべてが許容範囲です。」いずれにせよ、彼はその人生を最大限に楽しんでいることを、私達は認めざるをえません。

Advertisements
Advertisements