ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

人生の困難な期間

エルマーは、自身がホームレスとなったきっかけは、当時33歳だった兄の突然の死であったことを明らかにしました。底知れない悲しみに苦しめられたエルマーは、やがて薬物の依存症に陥りました。それから彼は、刑務所で合計5回滞在し、その結果、他の家族や友人たちとのコネクションが途絶えてしまったのです…

Advertisements
Advertisements
自分にとって大きな意味を持つ人を失ったとき、対処しきれないほどの悲しみに対処することは、非常に困難なことです。やがてその悲しみを乗り越え、先に進めるようになるまでの時間は、人によって異なります。しかし、エルマーにとって残念なことに、彼の困難な時期を乗り越えるのを手伝ってくれる人は、周囲に誰もいませんでした。しかし幸運にも、ロベルタはそんな彼の人生に偶然通りかかり、悪循環から抜け出すための助けの手を差し伸べたのです。彼女のこの行為は、結果としてエルマーの人生を手に戻すのに、大いに役立ったのでしょうか?
Advertisements
Advertisements