ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

瞬時のコネクト

オーウェン、キャロラインと、2人の間の小さな娘カディは、2014年にワトソンに始めて対面しました。「私達が新しい家に引っ越した翌日、ドアをノックする音が聞こえたので出てみると、そこにはつなぎ服を着たケンがいました。彼は、自宅で何か作業をしていたようです。」と、キャロラインは改装します。「私たちが彼に最初に会ったとき、彼は私たちの犬にクッキーをくれました。彼女はすぐにケンになつきました。彼は、まさにそのような愛されるキャラクターだったのです。」

Advertisements
Advertisements

ウィリアムズ夫妻の犬が、隣人をすぐさま愛したのと同じくらい、ワトソンがウィリアムズの娘のカディに初めて会ったときも、彼は彼女に一瞬で恋に落ちました。その瞬間にワトソンの瞳に写った輝きといったら、匹敵するものはなかなかないと言えるでしょう。そして幸いなことに、彼らがお互いに抱いた気持ちは相関的なものでした。「実際、ケンに子供がいるのか孫がいるのかは、その時点で私達は知りませんでしたが、彼とカディとの間にはすぐにつながりが産まれたのです。」

やがてカディとワトソンは、信じられないほどに打ち解けあい、彼らが一緒に過ごす時間はありすぎても足らないくらいでした。実際にワトソンは、カディが成長するのを見るためだけに、100歳まで生きたいとも語っていました。

Advertisements
Advertisements