ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

悲劇

カディはすくすくと成長を続け、また隣人のワトソンは彼女を両親同様に可愛がりました。そんなカディも、ケンと一緒に過ごすのが大好きでした。ケンはカディを実の孫娘のように扱い、彼女にたくさんの愛を注ぎましたが、残念ながら、これらの幸せな時間は長くは続きませんでした。

Advertisements
Advertisements

悲しいことに、ワトソンがウィリアムズ夫妻に出会ってからわずか4年後、カディが2歳のときに、彼は亡くなりました。ワトソンは、彼の高齢にもかかわらず、いつも活気に満ち溢れているように見えたため、彼の突然の死は家族にとって衝撃でした。彼らは、親切で活気のある隣人は、まるで永遠に存在するように思っていたのです。そんな彼の不在は、彼らの生活に大きな風穴を開けました。そんな彼の思い出について、キャロラインは次のように語っています。「ケンはカディをとても愛し、毎年クリスマスプレゼントを贈ってくれました。彼の最初のプレゼントは、かわいいぬいぐるみでした。」

Advertisements
Advertisements