ある家族は彼らの寿命の迫った年配の隣人が取った行動に、感動せずにいられなかった

包まれた贈り物

イアンは亡き父の指示に従い、彼が屋根裏部屋でそれらの品を発見した日の夜に、ウィリアムズ夫妻の自宅のドアベルを鳴らしました。ワトソンが残したバッグの中には、綺麗にラッピングされた沢山のプレゼントがいっぱい詰まっていました!ワトソンの最後の願いは、カディの顔にもう一度笑顔を浮かべることだったのです。

Advertisements
Advertisements

またカディの両親は、これらの贈り物の背後にあったワトソンの意志に心打たれました。彼は、まだ2歳というカディのことを考え、記憶がすべて薄れてしまう今これら全てのプレゼントを彼女に与えるのではなく、毎年のクリスマスに1つ1つ、これらのプレゼントの山からの1つを彼女に送り届けて欲しいと願っていたのです。しかし、彼女が歳を取るにつれて、これらのいくつかの贈り物の対象年齢から外れる可能性もありましたが、ワトソンにとっては、自身の残したプレゼントをカディの手に渡してほしいという事自体が大切であるはずでした。ただ問題としては、彼の残した贈り物には、対象年齢を示すようなものがなにも見当たらなかったということでした。

Advertisements
Advertisements