西部開拓時代に頻繁に行われていたこれらの行為は、当時の荒々しさを物語っている

あなたはこれまでに、西部開拓時代の生活を体験してみたいと思ったことはありませんか?そうなると、飲料水や石鹸のことは忘れなければならず、また適切な医療ともおさらばすることになります。そのため、現代の便利な生活に慣れてしまった私たちには、少し難しいかもしれません。また、歯ブラシを共有しなければならないことに、抵抗がある人もいるかもしれません。しかし実際は、当時における劣悪とも言える環境は、私たちの想像を超えるものなのです。残念ですが、どんなに学校で世界の歴史を熱心に学んで、西部開拓時代の生活環境の悪さを知っているつもりでも、それは実際の状況にはまるで及ばないものなのです。

恐ろしいトイレ

今ではどんな家にでも設置されている水洗トイレ、中には電動で蓋が開いたり、水が流れたり、便座が温まったりするものまであるとても便利な世の中ですが、もちろん西部開拓時代にはそんなものはありません。そもそも、屋内配管というものが比較的近代的な贅沢品です。西部開拓時代の人々にとって、トイレの設備はせいぜい初歩的なもので、たいていは屋外に設置されていました。ただでさえ衛生上の管理が難しいトイレが、屋外にあるなんて、トイレ掃除をしたことがある人なら、その恐ろしさは想像できるでしょう。

Advertisements
Advertisements

ほとんどの住民はトイレとして、地面に穴を掘って、その上に小屋を建てただけの小さな建物でしのいでいました。また、どんなに悪臭を覆うような工夫をしても、当然屋外であるため、ハエの大群が常にブンブン飛び回っていたのです。しかし、それだけではありません。恐ろしいクロゴケグモが、今にも噛みつきそうな勢いで徘徊していることも日常茶飯事でした。また、トイレは基本的に、住居地からあまり離れていません。それは便宜上では重要なことですが、そんなハエやらクモやらを寄せ付けるトイレが近くにあれば、当然住処にもその影響は現れます。現代の技術の発達に感謝してもしきれない、そんな思いになりますね。

Advertisements
Advertisements